[HYDE]いよいよHYDEサザンの模型公開!11月15日は和歌山市民図書館へ!プレゼントも!

南海電鉄(社長:遠北光彦)と和歌山市(市長:尾花正啓)のコラボレーション企画「HYDEサザン」が2019年12月23日から運行をしている。期間限定(2020年10月5日までを予定)で始まったこの企画だが、コロナ禍の自粛のため和歌山に行けなかったファンを気遣い、2021年の秋頃までの運行延長が決まった。

1年頑張って走った「HYDEサザン」を労い、車両点検の期間に入っていたこの電車。再び線路に戻ってくる10月15日(日)を祝って、和歌山で「HYDEサザン」運行期間延長記念イベントが開かれる。

11月15日(日)17時、和歌山市民図書館に行ってみよう。「HYDEサザン」の模型展示が始まる。これはNゲージ150分の1スケール(縮尺 1/150 4両編成(1両135mm:W670mm×D60mm×H50mm)で作られたミニチュア模型4両編成。和歌山市に住む模型愛好家チームオーバーレブの有志のみなさんが制作を担った。模型車両は3体作られ、1つが和歌山市に、1つが南海電鉄に、1つはHYDEに贈られた。

和歌山市民図書館では、1階エレベーター前に展示がされる。和歌山市民図書館といえば、HYDEが寄贈したサイン入り姿見鏡が展示される場所。いよいよ、和歌山の観光名所として立ち寄りに欠かせない場所となった。

この和歌山市民図書館のアクセスには、2020年6月5日にオープンした「キーノ和歌山」(南海電鉄和歌山市駅)が直結している。図書館の特色としては、一般図書のエリアに加え、カフェ「スターバックス」と本屋「蔦屋書店」が併設された多機能図書館。嬉しいことに図書館には、HYDEの自伝『THE HYDE』も、3冊貯蔵されている。

11月15日(日)に和歌山市駅19時30分発のHYDEサザン」指定席に乗車した人には、「加太アジサイ園のアジサイの種」(2020年採取分)と、「めでたいでんしゃノベルティ」がプレゼントされる。アジサイの種は、HYDEが2020年1月にアジサイを植樹した「人と自然のふれあい公園 森林公園」内「アジサイ園 Hydrangea Park(ハイドランジアパーク)」で採取した種。HYDEが植樹した苗から採れたものとは言えないが、パーク全体のアジサイから採れた種となる。育てて花を付けた時にこそ解る、もしかしたらもしかする⁈ 代物だ。こちらの種は、和歌山市民図書館でも先着250人で、「HYDEサザン」模型を見学する人(配布時間11月15日17時~18時)にプレゼントされる。

続くHYDEは、11月6日に新曲「Let It Out」の配信リリースを開始。12月26日(土)からは全国ツアー「HYDE LIVE 2020-2021 ANTI WIRE」で、関東以外にも地方住みのファンに会いに行く。日本を成功裡に収めアメリカへと駒を進めるためにも、未曽有のウイルス蔓延によるエンタメ業界の窮地を救う復興のためにも、大事な7都市11公演となる。アナウンスは、お近くにお住いのファンとなっている。自分の寿命は誰にも解らないもの。会いたい時には会いに行こう。

ただ今、一般発売の先駆けとして、プレイガイド最速先行ぴあプレリザーブ (抽選)が11月11日まで、ぴあプレリザーブ二次先行(抽選)が11月19日までを期間として行われている。

Provided to YouTube by Universal Music Group
Let It Out · HYDE
Let It Out ℗ A Virgin Music release;; ℗ 2020 UNIVERSAL MUSIC LLC Released on: 2020-11-06
HYDE LIVE 2020-2021 ANTI WIRE チケット先行受付のご案内
下記の通り、HYDE LIVE 2020-2021 ANTI WIREのチケット先行受付を実施します。
この機会にぜひお申し込みください。
◆プレイガイド最速先行 ぴあプレリザーブ (抽選)
◆いち早プレリザーブ (抽選 / ぴあプレミアム会員の方がお申込み可能)

[申込期間]
2020年11月4日(水) 18:00 〜 2020年11月11日(水) 23:59
[受付URL]
https://w.pia.jp/t/hyde-antiwire/
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、必ず下記の特設サイトをご確認いただき、ご了承いただいた上でお申込みいただくようお願いいたします。
HYDE LIVE 2020-2021 ANTI WIRE 特設サイト
https://hydelive2020-21.hyde.com

[HYDE]南海電鉄・特急HYDEサザンの運行期間延長が決定!2021年秋ごろまで運行延長でHYDEファンに嬉しい知らせ舞い込む

2020年10月4日(日)までを運行期間とされていた南海電鉄特急HYDEサザンの運行期間延長が決定された。2021年の秋頃までを予定し運行が延長される。

これは南海電鉄(社長:遠北光彦)と和歌山市(市長:尾花正啓)のコラボレーション企画で、2019年1月に和歌山ふるさと観光大使に就任したHYDEがデザインを担当。2019年12月23日から2020年10月4日を期間限定として運行していた。

期間延長後の運行区間も2019年12月23日の運行開始と同じく、難波ー和歌山市駅・和歌山港駅間とされた。HYDEファンにとって、コロナ禍の今、最高に嬉しい話題となっている。※注意:10月8日(木)~11月14日(土)までは定期検査のため運休予定※

10月4日(日)といえば、デジタルスタンプラリー「HYDEゆかりの地を巡るスタンプラリー(第2回目)」は最終日となる。しかし、新たに始まることもご紹介。

HYDEサザンは9月9日(水)にミニチュア模型(Nゲージ、150分の1スケール)が4両編成の車両で3和歌山市尾花正啓市長贈呈されており、10月4日(日)以降、和歌山市民図書館での展示が予定されている。ミニチュア模型を作成したのは和歌山市に住む模型愛好家チームオーバーレブの有志のみなさん。模型の展示会でチームオーバーレブに出会った尾花市長がHYDEサザンの模型作成を依頼し、実現したこの幸運。ラッピングデータは、南海電鉄から実寸のデータが提供され、作成のために縮小されたという。作成された3体は、1つが和歌山市に、1つが南海電鉄に、1つはHYDEに贈られた。

和歌山市民図書館には現在、1階にHYDEのサイン入り姿見鏡が展示されている。和歌山市役所本庁舎1階と14階ではHYDEコーナーが設置され、和歌山ふるさと観光大使を務めるHYDEと尾花市長との写真などが飾られている。HYDEのファンにとって嬉しいこと続きの話題。#なんて素敵な和歌山なんでしょう。国内でGo To キャンペーンが行われている今、観光先は和歌山がいい!そう思っているファンは多いだろう。

HYDEサザンの運行期間も延長された。新型コロナの弱まる頃合い、ワクチンや製薬の提供を見ながら、安心安全、思いやりを持って、和歌山に出かけたい。

和歌山市ではユーチューブ公式チャンネルがあり、その時々の情報も映像で見ることができる
HYDE ミュージックビデオ

[HYDE]和歌山から旅行企画「ありがとうHYDEサザン!ファンに贈る一度限りの撮影会in和歌山市」9月5日に開催

2019年12月23日(月)から2020年10月4日(日)までを期間限定として運行中の、南海電鉄『特急 HYDEサザン』(HYDEデザイン4両編成デコレーション車両)から、嬉しいお知らせが舞い込んだ。

なんと!南海電鉄(遠北光彦社長)が、和歌山市(尾花正啓市長)と和歌山市観光協会(尾花正啓会長)と協力し、募集型企画旅行「ありがとうHYDEサザン!ファンに贈る一度限りの撮影会in和歌山市」を開催することが発表された!9月5日(土)、『特急 HYDEサザン』と一緒に95人の応募当選者が、撮影会付き旅行(旅行代金2000円)に参加できる。

応募期間は8月21日(金)から既に始まっており、8月26日(水)17時を締め切りとしている。申し込みは、南海電鉄公式ホームページの「沿線にでかける」からアクセスできる「ぶらりたび」の記事「ありがとうHYDEサザン!ファンに贈る一度限りの撮影会in和歌山市」内にある「お申し込みフォーム」からできる。

撮影旅行当日は、南海線難波駅2階中央改札口への11時集合に始まり、難波駅から和歌山市駅まで『特急 HYDEサザン』に乗車。車内にHYDEの曲が流されるのは特別なこと。HYDEの歌声を聴きながら、車窓からの風景を楽しむことができる。『特急 HYDEサザン』との撮影はそれから。日頃は立ち入ることのできない和歌山市車庫へ徒歩移動する。運転台に乗って撮影ができるのはレアなこと。鉄道ファンにも外せない応募申し込みになるだろう。和歌山市車庫では撮影会の他、『特急 HYDEサザン』運行開始セレモニーでHYDEが送った祝電が展示され、和歌山の物産品が購入できるブースが作られる。14時半頃からは自由解散となるため、その後は和歌山観光もできそうだ。

和歌山市駅は2020年6月、駅直結の「キーノ和歌山」がニューオープンしたばかり。“食”に熱い思いをもつ生産者や店舗が集まるマーケット「ロックスターファームズ」や、和歌山県内の人気飲食店が集まる「レストランフロア」が注目されるところ。

9月5日(土)は「HYDE LIVE 2020 Jekyll & Hyde」( 開演17時6分、会場・ZEPP HANEDA)のアコースティックライヴ初日となるが、SHOWROOM有料配信チケット4500円で参加するファンも多い。「キーノ和歌山」の3階にある「快活CLUB」も利用できそうだ。時間を余すことなく有効に使って楽しむのも、人生を2倍楽しめる秘訣かもしれない。

ただいま運行中!『特急 HYDEサザン』

企画旅行のおすすめポイント

  • 「HYDEサザン(指定席車4両運転)」が臨時列車として難波駅から和歌山市駅まで運転!
  • 難波駅から和歌山市駅の走行中、車内にHYDE氏の楽曲が流れます!
  • 「HYDEサザン」運行開始の際にHYDE氏からいただいた祝電を展示!
  • 和歌山市車庫内で「HYDEサザン」が撮影できる!運転台に乗っての撮影も!
  • 和歌山市車庫内会場では和歌山市と和歌山市観光協会による特産品を販売!

感染症対策について以下の取組みにご協力をお願いします。

  1. 事前検温やマスク着用
  2. 受付時に検温、体調チェック、アルコール消毒の実施及びマスク着用の確認
  3. 受付や撮影会でのソーシャルディスタンスの確保
  4. 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)への登録
  5. 新しい旅のエチケットの実施

[HYDE]ファンの要望が届きリピートイベント!「特急HYDEサザン運行記念!HYDEゆかりの地を巡るデジタルスタンプラリー」8月1日からカムバック

HYDEが生まれ育った和歌山市エリアを巡るデジタルスタンプラリー「特急HYDEサザン運行記念!HYDEゆかりの地を巡るデジタルスタンプラリー~#なんて素敵な和歌山なんでしょう~」がカムバック!2020年8月1日(土)から2020年10月4日(日)まで開催される。

このイベントは、南海電鉄(遠北光彦社長)と和歌山市(尾花正啓市長)が主催し、同年1月29日(水)から3月31日(火)まで行われていたが、コロナ禍による自粛要請がかかったこともあり、多くのHYDEファンが苦渋の決断の末、参加を見送っていた。イベント最終日のSNSでは、「参加したかった」、「ぜひ、また開催してほしい」、「コロナさえなければなぁ」など、残念がるファンの声が溢れた。

再実施には、新たに和歌山市観光協会の協力も得られた。ファンの想いを汲んだ、和歌山市からの“思いやり開催”と言えるだろう。ハッシュタグ、「#なんて素敵な和歌山なんでしょう」が、いよいよ心に響く再実施。コロナの流行状況の谷間を見つけて、10月4日の最終日までに参加できることを願う。

デジタルスタンプラリーの内容は前回と同様に組まれた。位置情報活用イベントアプリ「こことろ」を使用し、デジタルスタンプ(HYDEの画像) を集める。スタンプポイントは、和歌山市駅キーノ和歌山)・和歌山城(西の丸広場)・和歌山城(天守閣)・和歌浦紀三井寺和歌山マリーナシティの全6ヵ所。6つ全て集めると、クリア賞(全52人、抽選)として、①HYDEサザン・ラッピングシート(A4サイズ程度)20人、②ダイワロイネットホテル和歌山ペア宿泊券1人、③ダイワロイネットホテル和歌山ペア昼食券3人、④勝喜梅「極(きわみ)」3人、⑤きわみみかんジュース5人、⑥玉林園グリーンソフト10人、⑦和歌山市観光協会提供特産品10人(※うち④から⑦は和歌山市観光協会が提供※)が用意されている。①のHYDEサザン・ラッピングシートは、現在運行中の「HYDEサザン」使用中のラッピングシートがプレゼントとして振る舞われる。

また、和歌山観光をお得にする「和歌山観光きっぷ」も復活。往復券・特急サザンの往復座席指定券付きは、大人2520円、小人1270円で発売されている。切符の発売場所は、難波駅、新今宮駅、天下茶屋駅、住吉大社駅、堺駅。片道券・特急サザン座席指定券付きは大人1730円、小人880円で販売されている。前出の駅に加え、関西空港駅でも販売がされている。またこの「和歌山観光きっぷ」は、和歌山バス、和歌山バス那賀の1日フリー乗車券としても利用ができる優れものきっぷ。「HYDEサザン」の運行時刻を確認し、指定席で購入しよう。ちなみに、HYDEのサインがテーブルに書かれた席は1号車47番窓側。運行本数は日によって違うため、計算上1日に3~14人のファンがその席に座れる見込みとなっている。

南海電鉄 特急「HYDEサザン」YouTube by SANKEI NEWS

[HYDE]ハイドランジアパークで紫陽花が見ごろ!HYDEが植樹した紫陽花も開花

和歌山・加太地区の「人と自然のふれあい公園 森林公園」内にあるハイドランジアパーク—アジサイ園 Hydrangea Park—(和歌山市深山)にHYDEが今年(2020年)1月14日、紫陽花を3本植樹。現在、同園に植えられる約7000本の紫陽花が共に見ごろを迎え、6月下旬まで楽しめる。

HYDEが植えた紫陽花は、紫と白のグラデーションがかかった花で、珍しい花をポツリポツリと咲かせ始めている。手まり咲きの紫陽花1本と額咲きの紫陽花2本が元気に花姿を現した。額紫陽花は、白色の花を咲かせている。

HYDEは和歌山市ふるさと観光大使を2019年1月に就任。植樹した1月14日は、尾花正啓和歌山市長と南芳和ましろさん(HYDEの同級生のお嬢さん)とHYDEの3人で、紫陽花に土をかけ、土を踏み固めた。HYDEは和歌山市ふるさと観光大使を委嘱された際に、尾花市長と紫陽花の植樹を約束していた。HYDEは植樹できたことをSNS上で、「約束を果たせて何よりです。沢山の花が咲くと良いですね!」と喜んでいた。

この「ハイドランジアパーク—アジサイ園 Hydrangea Park—」は、2020年2月14日に「ちびっこ広場」から名前を変えたばかり。新たな看板には「アジサイ園 Hydrangea Park」と表記され、HYDEと同音の英語名にしたと、名前の由来が話されていた。

看板は、加太観光協会と東京大学生産技術研究所川添研究室加太分室「地域ラボ」が共同で製作。

紫陽花は、“世界一の紫陽花園を目指そう”と、加太観光協会が市民と共に2007年から毎年植え続けている。2月中旬ごろ開催される植樹祭への参加で、植樹はできる。参加問い合わせ先は加太観光協会。事前の申し込みが必要となっている。

紫陽花植樹の問い合わせ先 加太観光協会
【電話&ファックス】073-459-0003
【Eメール】info@kada.jp
【ホームページ】http://www.kada.jp/

HYDEはコロナ禍にある中でも、SNS上でハッシュタグ『#なんて素敵な和歌山なんでしょう』や『#おうちで和歌山』などを付け、和歌山のPRをしている。HYDEの公式Twitter内で梅干し・梅酒・みかんジュース・黒飴などが写真で紹介された。

5月には、自粛下の中、ゴールデンウイークに往来が叶わなかった出身地和歌山を想って、和歌山の近鉄デパートで中野BC貴梅酎香雪を通販購入。作曲やサポートでステージに立つメンバーなどに、日頃の感謝を込めた贈り物をサプライズ宅配していた。

全国の緊急事態の解除が5月25日に宣言され、自粛生活が7週間ぶりに解かれた今。経済が回り始めた6月。5都道府県(北海道・埼玉・千葉・東京・神奈川)は他都道府県への移動の自粛要請が6月18日までは続いている。出かける際には、コロナ禍で培った他者への気配りと自らの自衛が大事なマナーとなるだろう。

続くHYDEは、生放送でニコニコチャンネル『HYDE CHANNEL』を6月17日(水)21時から配信する予定。『HYDE CHANNEL』は、インターネット動画配信サービスniconico動画でHYDE(所属事務所VAMPROSE)が運営するチャンネル。月額880円(税込)で会員になることで視聴が可能となる。こちらの情報は本日解禁されたばかり。放送内容は追って詳細が伝えられる。

[HYDE]南海電鉄の特急「HYDEサザン」運行記念!デジタルスタンプラリーを開催!HYDEゆかりの地を巡る

南海電鉄は特急「HYDE サザン」の運行を記念し、デジタルスタンプラリーイベント『HYDEゆかりの地を巡るデジタルスタンプラリー 〜#なんて素敵な和歌山なんでしょう〜』を開催する。期間は1月29日(水)から3月31日(火)まで。

これは、位置情報活用イベントアプリ「こことろ」を使用し、デジタルスタンプ(HYDEの画像) を集めるイベント。HYDEゆかりの地・和歌山市内に設置されたスタンプポイント6ヵ所を巡り、全6個のHYDE画像を集めていく。スタンプポイントは、和歌山市駅・和歌山城(西の丸広場)・和歌山城(天守閣)・和歌浦・紀三井寺・和歌山マリーナシティとなる。6つ全て集めると、クリア賞(抽選)として、HYDE直筆サイン入りBlu-ray/DVD(当選者6名)や、HYDEおすすめの和歌山物産品(当選者30名)がプレゼントされる。

このスタンプラリーは、AR (Augmented Reality、拡張現実) 機能を使用しており、取得したHYDEの画像をスマートフォンのカメラ撮影画面に表示し、周囲の景色と一緒に撮影ができる。時代に合わせた遊び心満載のスタンプラリー、工夫次第で楽しみ方も増えそうだ。世界に1つだけの思い出写真をHYDEゆかりの地・和歌山で。

南海電鉄では「和歌山観光きっぷ」を2020年3月31日(火)まで発売中。特急サザンの往復座席指定券付き往復券は、大人2520円、小人1270円で発売されている。切符の発売場所は、難波駅、新今宮駅、天下茶屋駅、住吉大社駅、堺駅。片道券は前出の駅に加え、関西空港駅でも販売がされている。

和歌山ふるさと観光大使(任期2年)のHYDEが和歌山にファンを呼んでくれるこのチャンス。HYDEゆかりの地・和歌山のグルメや観光など思う存分楽しみたい。

特急「HYDEサザン」運行表はこちら

[開催期間]
2020年1月29日(水) 〜 3月31日(火)

詳細はこちら
http://www.nankai.co.jp/traffic/info/hyde_train.html

引用元:SankeiNews 2019/12/23 YouTubeより
引用元:KyodoNews 2019/12/23 YouTubeより