[L’Arc]2020年の大晦日はラルクと共に!「RESET LIVE*000」〜WOWOW edition〜 配信決定!

2020年の大晦日はL’Arc-en-Cielと共に過ごそう。WOWOWメンバーズオンデマンドで12月31日(木)22時30分から、ライヴ映像「RESET>>LIVE*000」がWOWOW editionとして2020年の最後の夜を飾る。

これは、L’Arc-en-Cielが1999年の大晦日に開催したライヴとなる。会場は東京・東京ビッグサイト東館展示ホール。当時はノストラダムスの大予言がまことしやかに語られ、1999年の7の月に世界は滅びるとされていた。それを越えてしまった2000年。未来として語られた21世紀が迫りくるその時を、ファンとL’Arc-en-Cielが共に過ごした貴重映像だ。ノアの箱舟に乗る乗客のように、L’Arc-en-Cielの舵取りに合わせ、ミレニアムカウントダウン。NEO UNIVERSEの演奏から新年を迎え、HAPPY NEW YEARの言葉を交わした。

当日のL’Arc-en-CielはNHK紅白歌合戦に出場し、その後ヘリコプターを使って東京・渋谷からお台場までを高速移動。息を切らしてステージへと駆けつけてくれた。あの夜をもう一度。

2021年はL’Arc-en-Ciel結成30周年を迎える。そのアニバーサリーイヤーになることは、コロナ禍の世の中であっても間違いないだろう。この番組中には、今後WOWOW上で展開するL’Arc-en-Cielの動向が、“明らかになる”と告知されている。

12月31日の視聴は22時からアクセスができる。早めの接続で視聴環境を確保しておくことがオススメだ。なお、番組終了後からは、2021年1月2日(土)23時59分までアーカイブ視聴も可能となる。大晦日であっても、世のため人のために働く職業人にとって、実に嬉しいアナウンスとなった。ライヴ映像は、2007年に完全生産限定盤としてリリースされた「FIVE LIVE ARCHIVES」収録映像が約90分に再編集されたものとなる。

現在、Spotifyでは『RESET>>LIVE *000 L’Arc~en~Ciel Live at Tokyo Big Sight 1999.12.31-2000.1.1 Setlist』とタイトルがされ、楽曲を聴くこともできる。

RESET>>LIVE *000L’Arc~en~Ciel Live at Tokyo Big Sight 1999.12.31-2000.1.1 Setlist

[HYDE]7月23日17時はWOWOWへ!「COUNTDOWN JAPAN 19/20 アーティスト特集」でHYDEをピックアップ

HYDEが2019年の年末12月29日に出演した『COUNTDOWN JAPAN 19/20』(会場:千葉・幕張メッセ)でアーティスト特集が組まれた。WOWOWで7月23日(木・祝)17時からHYDEのライヴパフォーマンスがピックアップ放送される。放送では全9曲のセットリストから、「AFTER LIGHT」「DEVIL SIDE」、「GLAMOROUS SKY」、「SET IN STONE」、「MAD QUALIA」、「ANOTHER MOMENT」の6曲が蔵出しされる。

『COUNTDOWN JAPAN』は、今や日本の年末の風物詩として音楽ファンが毎年楽しみにしている音楽フェス。2020年はコロナ禍の中でも早々に日程を発表し、開催への希望を音楽ファンにくれた。2020年12月27日(日)、29日(火)、30日(水)、 31日(木)の4日間、幕張メッセ国際展示場1~11ホール・イベントホールでの開催を目指している。

『COUNTDOWN JAPAN』では、“屋内イベントには現在も厳しい開催制限がかけられており、このままの条件では開催は難しいと考えています。今後数カ月の間に制限が緩和されることを願いつつ状況の推移を見守り、開催可能な条件が揃ったときに、あらためて開催を判断いたします”とファンに伝え、今後の情勢次第となっている。

HYDEにとっても、年の締めくくりにVAMPS時代から毎年呼ばれ続けた年越しに欠かせない音楽フェス。『COUNTDOWN JAPAN 19/20』は、HYDEのライヴ「HYDE LIVE 2019 ANTI FINAL」(2019年12月8日開催、Blu-ray / DVD2020年7月29日リリース)の後に行われた2019年最後のライヴ。コロナ自粛に入る前の最後のライヴパフォーマンスとなる。

View this post on Instagram

#HYDELIVE2019 #ANTIFINAL #OUT

A post shared by Hyde (@hydeofficial) on