[HYDE]音楽デジタル配信で2020年ソロ初ライヴ!HYDEが”LIVE EX”に7月24日出演! そのうち1曲はミュージックステーションで生中継!

HYDEがソロとして、2020年初のライヴ日程を決めた。2020年7月24日(金・祝)17時30分スタートのテレ朝動画『LIVE EX』。HYDEが2020年にライヴで展開しようと構想していたセットリストが、対バン形式のライヴでファンに贈られる。HYDEの出演時間は19時10分ごろからとなる。

今回、HYDEがライヴを行うにあたり選んだステージは、テレビ朝日コンテンツビジネス局が運営するインターネットテレビ、テレ朝動画。オリジナル有料番組としてチケット13500円で番組視聴権が販売される。

音楽ライヴは今までチケット購入制で展開されてきた。ライヴに行く高揚感をファンが感じられるもので、かつ、“コロナ禍の最中に行うエンターテイメントとしてファンが安全に楽しめるものを”と考え抜かれた結果だと、見て取れる。HYDEにとっては初の無観客ネット配信生ライヴ。また、テレビ朝日側も、テレ朝動画『LIVE EX』は今回が放送初回の番組。記念すべき初回のアーティスト起用にHYDEを選んでくれた。

テレ朝動画『LIVE EX』の主旨は、“通常の音楽LIVEの開催が困難な状況の中、音楽を届けるために何かできることをしたいという想いから、スペシャル音楽ライブを開催する”とされている。コロナ禍でエンタメ業界が苦戦を強いられる中、なんとか前に進もうと模索が続いている現在。時代の大きな節目に、HYDEをビジネスモデルとして最初に選んでくれる企業にも感謝したい。選んでもらえるからこそ、その時代の未知の世界が提供され、HYDEと共にファンが初体験という思い出を持って次に進むことができる。

対バンには、映画『青くて痛くて脆い』の主題歌「ユメミグサ」や、アニメ『僕のヒーローアカデミア』第4期オープニングテーマ「ポラリス」などを歌う熊本出身の4人組、エモーショナルギターロックバンドBLUE ENCOUNT(ブルー・エンカウント、通称:ブルエン)が選ばれた。

BLUE ENCOUNT 『ハミングバード』Music Video

フロントアクトには、ロックシンガーASH DA HERO(アッシュ ダ ヒーロー)。アニメ「ARGONAVIS from BanG Dream!(バンドリ!)」のエンディングテーマGYROAXIAの「LIAR」や「MANIFESTO」を提供した注目株。ぜひ、放送開始の17時30分からフル視聴でテレ朝動画『LIVE EX』を楽しみたい。

ASH DA HERO『未完成ストーリー』Music Video

【配信スケジュール】

17:30~ ASH DA HERO(FRONT ACT)
18:10頃 BLUE ENCOUNT
19:10頃 HYDE※ミュージックステーション生中継あり
※スケジュールは変更となる可能性がございます。予め、ご了承ください。

【テレ朝動画】

7月24日(金・祝)17:30から配信開始予定
★TICKET★
¥3,500(税込)
7月17日(金)20:00より販売開始

チケット購入はこちら

※参加者多数の場合は、販売終了日時以前に配信チケットの販売を終了させて頂く場合があります。

テレ朝動画『LIVE EX』チケットの販売は、クレジットカード(デビッドカードも含む)とウェブマネーの2種類から決済を選べる。チケットの有効期限は2020年7月31日(金)とされ、生放送でHYDEのライヴを観た後も、その後7日間、何度でも繰り返して視聴ができる。

さらに、今回はテレビ朝日の企画とあって、テレ朝チャンネル「CSテレ朝チャンネル1」(テレビ朝日が運営するCSデジタル放送専門チャンネル)でも放送がされる。テレ朝動画『LIVE EX』ライヴ終了後の7月24日(金・祝)22時から、2時間に編集して届けられる。こちらは月額制のCSデジタル放送向けの有料チャンネルで、スカパー!(ch.298)、スカパー!プレミアムサービス・プレミアムサービス光(ch.611)、ひかりTV(ch.556)、J:COM(ch.755)、ケーブルテレビで見られる。テレ朝チャンネル「CSテレ朝チャンネル1」では、視聴者へのサンクスプレゼントの類として、HYDEの独占コメントが流れる予定だ。CS対応BSアンテナがあれば加入は簡単に行える。加入月は視聴料を無料にしてくれるサービス(スカパー!)などもある。詳細は各社ごとに違いがあるため確認が必要だ。

なおも、7月24日(金・祝)のHYDEはテレビ朝日の音楽番組『ミュージックステーションMステサマーフェス—』(18時30分スタート、3時間半スペシャル、出演者14組)にも出演が決まっている。『ミュージックステーション—Mステサマーフェス—』の撮影クルーが、テレ朝動画『LIVE EX』ライヴ会場に潜入。ライヴ中のHYDEが、新曲「BELIEVING IN MYSELF」(2020年3月18日リリース、東京マラソン2020 イメージソング)を歌って、テレビに生出演。地上波生放送でHYDEが1曲分お茶の間のテレビに映る。

コロナ禍の中、いよいよHYDEが動き始める。2月末に政府の通達をいち早く受け入れ、音楽ライヴの自粛に入り、L’Arc-en-Cielのアリーナツアーを4公演中止。HYDE自身のファンクラブイベント「HYDEIST presents SNOW MONSTER HOTEL 2020」も中止とし、ファンの安全を第一に願ってきたHYDE。

2020年初のHYDEソロライヴ始動。全ては、ここからだ。時がまた、動き始める。

2020年を未来として描かれた映画『ブレードランナー』やアニメ『AKIRA』を原案に作り上げたHYDEソロのアルバム『ANTI』の世界、NEO東京。2018年からライヴを2年経た今年。2020年がリアルにやってきた。しかしながら、コロナ禍のために半年もの時間がすでに静かに過ぎていった。少しでも前へ…。アグレッシブに活動ができる期間は人生の中で限られていると常々話すHYDE。毎年アメリカ音楽市場にも挑戦をし続けてきた。まだまだやりたいことがたくさんあるんだとHYDEの歌詞には出てくる。自己の感性や芸術観を信じ、自分がどこまで成しえるのか知りたいと、今まで表現し続けてきた。コロナ禍で無下にも足を止めなければいけないことは、複雑な思いとの葛藤の毎日だっただろう。

2020年初のライヴ。最高のステージを、快く構えさせてもらえた幸運に、感謝をしたい。テレ朝動画『LIVE EX』のチケット販売は7月17日から始まっている。購入はお早めに。

HYDE – BELIEVING IN MYSELF

投稿者:

HYDE Fan Site

世界で活躍する日本の音楽アーティストHYDE。その活動を中心に情報をまとめています。HYDE(Vo)のソロ、ロックバンドL'Arc-en-Ciel(Vo:hyde)、HYDEがコラボレーションさせてもらった各楽曲情報なども掲載します。 [HYDE バイオグラフィー] L’Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)のヴォーカリスト。 L’Arc~en~Cielとして、これまでに42枚のシングル、12枚のオリジナル・アルバムをリリース。国内外で幅広い活動を展開し、結成20周年となる2012年には、バンドとして過去最大規模のワールドツアーを敢行、日本人アーティスト初となるニューヨークMadison Square Gardenでの単独公演、ロックバンドとして初の国立競技場公演を行ない、ライヴにおける国立競技場史上最大動員数を記録成功させるなど、海外11都市で10万人以上の観客を動員、日本公演も含む動員数は45万人を超えた。 HYDEソロ名義では、シングル21枚、配信シングル12枚、オリジナル・アルバム6枚、ベスト・アルバム1枚、ライヴDVD / Blu-ray5枚、ミュージックビデオ/DVD1枚をリリース。 2008年から2017年はロックユニットVAMPS(ヴォーカルHYDE)として、シングル12枚、配信シングル1枚、オリジナル・アルバム『VAMPS』『BEAST』『BLOODSUCKERS』『UNDERWORLD』、ベスト・アルバム『SEX BLOOD ROCK N’ ROLL』、LIVE DVD 11枚、LIVE Blu-ray 6枚をリリースした。 2018年より、HYDEソロ活動を本格的に再開。2019年は96本(アメリカ春・秋、日本夏・冬)のライヴをこなした。コロナ禍になっても日本の音楽業界を担って精力的に活動。2022年のHYDEソロライヴでは日本政府の実証実験対象公演も無事に勤めあげミライの音楽シーンに繋げた。現在、HYDEソロ活動とL’Arc~en~Ciel、そしてまずは1年続けることからとしてTHE LAST ROCKSTARSの活動を進行中。