[HYDE]ハイドランジアパークで紫陽花が見ごろ!HYDEが植樹した紫陽花も開花

和歌山・加太地区の「人と自然のふれあい公園 森林公園」内にあるハイドランジアパーク—アジサイ園 Hydrangea Park—(和歌山市深山)にHYDEが今年(2020年)1月14日、紫陽花を3本植樹。現在、同園に植えられる約7000本の紫陽花が共に見ごろを迎え、6月下旬まで楽しめる。

HYDEが植えた紫陽花は、紫と白のグラデーションがかかった花で、珍しい花をポツリポツリと咲かせ始めている。手まり咲きの紫陽花1本と額咲きの紫陽花2本が元気に花姿を現した。額紫陽花は、白色の花を咲かせている。

HYDEは和歌山市ふるさと観光大使を2019年1月に就任。植樹した1月14日は、尾花正啓和歌山市長と南芳和ましろさん(HYDEの同級生のお嬢さん)とHYDEの3人で、紫陽花に土をかけ、土を踏み固めた。HYDEは和歌山市ふるさと観光大使を委嘱された際に、尾花市長と紫陽花の植樹を約束していた。HYDEは植樹できたことをSNS上で、「約束を果たせて何よりです。沢山の花が咲くと良いですね!」と喜んでいた。

この「ハイドランジアパーク—アジサイ園 Hydrangea Park—」は、2020年2月14日に「ちびっこ広場」から名前を変えたばかり。新たな看板には「アジサイ園 Hydrangea Park」と表記され、HYDEと同音の英語名にしたと、名前の由来が話されていた。

看板は、加太観光協会と東京大学生産技術研究所川添研究室加太分室「地域ラボ」が共同で製作。

紫陽花は、“世界一の紫陽花園を目指そう”と、加太観光協会が市民と共に2007年から毎年植え続けている。2月中旬ごろ開催される植樹祭への参加で、植樹はできる。参加問い合わせ先は加太観光協会。事前の申し込みが必要となっている。

紫陽花植樹の問い合わせ先 加太観光協会
【電話&ファックス】073-459-0003
【Eメール】info@kada.jp
【ホームページ】http://www.kada.jp/

HYDEはコロナ禍にある中でも、SNS上でハッシュタグ『#なんて素敵な和歌山なんでしょう』や『#おうちで和歌山』などを付け、和歌山のPRをしている。HYDEの公式Twitter内で梅干し・梅酒・みかんジュース・黒飴などが写真で紹介された。

5月には、自粛下の中、ゴールデンウイークに往来が叶わなかった出身地和歌山を想って、和歌山の近鉄デパートで中野BC貴梅酎香雪を通販購入。作曲やサポートでステージに立つメンバーなどに、日頃の感謝を込めた贈り物をサプライズ宅配していた。

全国の緊急事態の解除が5月25日に宣言され、自粛生活が7週間ぶりに解かれた今。経済が回り始めた6月。5都道府県(北海道・埼玉・千葉・東京・神奈川)は他都道府県への移動の自粛要請が6月18日までは続いている。出かける際には、コロナ禍で培った他者への気配りと自らの自衛が大事なマナーとなるだろう。

続くHYDEは、生放送でニコニコチャンネル『HYDE CHANNEL』を6月17日(水)21時から配信する予定。『HYDE CHANNEL』は、インターネット動画配信サービスniconico動画でHYDE(所属事務所VAMPROSE)が運営するチャンネル。月額880円(税込)で会員になることで視聴が可能となる。こちらの情報は本日解禁されたばかり。放送内容は追って詳細が伝えられる。

投稿者:

HYDE Fan Site

世界で活躍する日本の音楽アーティストHYDE。その活動を中心に情報をまとめています。HYDE(Vo)のソロ、ロックバンドL'Arc-en-Ciel(Vo:hyde)、HYDEがコラボレーションさせてもらった各楽曲情報なども掲載します。 [HYDE バイオグラフィー] L’Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)のヴォーカリスト。 L’Arc~en~Cielとして、これまでに42枚のシングル、12枚のオリジナル・アルバムをリリース。国内外で幅広い活動を展開し、結成20周年となる2012年には、バンドとして過去最大規模のワールドツアーを敢行、日本人アーティスト初となるニューヨークMadison Square Gardenでの単独公演、ロックバンドとして初の国立競技場公演を行ない、ライヴにおける国立競技場史上最大動員数を記録成功させるなど、海外11都市で10万人以上の観客を動員、日本公演も含む動員数は45万人を超えた。 HYDEソロ名義では、シングル21枚、配信シングル12枚、オリジナル・アルバム6枚、ベスト・アルバム1枚、ライヴDVD / Blu-ray5枚、ミュージックビデオ/DVD1枚をリリース。 2008年から2017年はロックユニットVAMPS(ヴォーカルHYDE)として、シングル12枚、配信シングル1枚、オリジナル・アルバム『VAMPS』『BEAST』『BLOODSUCKERS』『UNDERWORLD』、ベスト・アルバム『SEX BLOOD ROCK N’ ROLL』、LIVE DVD 11枚、LIVE Blu-ray 6枚をリリースした。 2018年より、HYDEソロ活動を本格的に再開。2019年は96本(アメリカ春・秋、日本夏・冬)のライヴをこなした。コロナ禍になっても日本の音楽業界を担って精力的に活動。2022年のHYDEソロライヴでは日本政府の実証実験対象公演も無事に勤めあげミライの音楽シーンに繋げた。現在、HYDEソロ活動とL’Arc~en~Ciel、そしてまずは1年続けることからとしてTHE LAST ROCKSTARSの活動を進行中。